フットワーク

バドミントン フットワーク

どうも、熱血バドミントンプレイヤー 兼 某高校のバド部コーチのJUNです。

 

 

バドミントンにおいて「フットワーク」はめちゃくちゃ重要です。

 

もうフットワークで勝負が決まると言っても言い過ぎじゃないくらいです。(マジで)

 

なぜなら、素早いフットワークでシャトルの落下点に素早く移動できるからこそ、十分な体勢でシャトルを打つことができるからです。

 

シャトルを打つときに十分な体勢が確保できていないと、ショットの威力が半減するどころか、相手のコートに返すだけで精いっぱい、なんてことになるわけですから当然試合では勝てません。

 

もっというと、

 

「もうちょっと速くシャトルに届けばチャンス玉として決められるのに、届かないから無難な返球しかできなくなる」

 

みたいなことも、普通にあります。

 

 

なので、まずはフットワークの正しい形を習得して、

 

そして日々の練習でフットワークのスピードを上げておく。

 

これが初心者にも中級者にも上級者にも共通する、バドミントン上達の秘訣です。

 

 

ではでは、フットワークのやり方です。

 

フットワークは、ホームポジションを基準に「6方向」への動きが基本になります。

 

1、右前方
2、左前方
3、右サイド
4、左サイド
5、右後方
6、左後方

 

です。

 

 

サイドのフットワーク

 

まずは比較的簡単なサイド方向のフットワークから見てみましょう。

 

こちらはフォアサイド

 

こちらはバックサイド

 

 

ポイントはいくつかあるんですが、特に重要なのは、

 

“踏み込んだときの足の角度”

 

です。

 

フットワークはシャトルに追いついて打つことと同時に、「戻る」という動作までが1セット。

 

この「戻り」のスピードがフットワーク全体の質をあげます。

 

で、この戻りの時には当然踏み込んだ足で蹴りだすことで戻るわけですけど、

 

足が伸びきっていたり、逆に曲がりすぎていたりすると、戻りが遅くなります。

 

目安は、踏み込んだ足の膝の角度が「120度」くらいになるのが理想的です。
(筋肉の構造上、この角度の時に蹴りだす力が最大になる)

 

 

サイドのフットワークはまずは、フォア→バック→フォア→バック とテンポよくフットワーク練習をします。

 

 

前方のフットワーク

 

続いて前方方向へのフットワークです。

 

こちらはフォアハンド

 

こちらはバックハンド

 

 

こちらも、実際のフットワーク練習の時には、

 

ホームポジション→右前→ホーム→左前→ホーム

 

というように、V字を描くようにテンポよくフットワーク練習をします。

 

 

後方のフットワーク

 

最後に後方へのフットワークです。

 

フォアハンド

 

バックハンド

 

 

大事なポイントは2つです。

 

動き出しの時に足を蹴りだすのと、ラケットを振った後は着地と同時にホームポジションへ戻るために蹴りだすことです。

 

よく初心者の人で、後方のシャトルを打った後にそのまま体ごと後ろに流れてしまうことがあるんですけど、それだと次に返球された球に追いつけなくなるので、

 

動画のように、振ったら着地の足でしっかりとホームポジションへ戻るように蹴りだします。

 

 

 

 

以上のように、6方向へのフットワークがまずは基本になります。

 

最初のうちは「サイドだけのフットワーク」「前方だけのV字フットワーク」「後方だけのV字フットワーク」という感じで、部分的な練習が基本になりますが、

 

慣れてくればこの6方向を全て織り交ぜてフットワークをやります。

 

その場合は、誰か他の人に動く方向を指示してもらいながらやると良いです。

 

 

 

ではでは、フットワークで「動きながら打つ」という基本のフォームを身に付けたなら、次はいよいよ各ショットの練習です!

 

NEXT=> ドロップ&カットの打ち方

 

【スイング改造プログラム】スイングフォームを見直せば、一人でも家で上達できます。

バドミントンを基調としたファッションアイテムブランド 『Badminton is Life』
今までになかった新しいスタイルのファッションをあなたへ。