ダブルス 前衛のコツ

バドミントン ダブルス 前衛

どうも、熱血バドミントンプレイヤー 兼 某高校のバド部コーチのJUNです。

 

 

バドミントンでダブルスをすると、

 

「前衛」

 

これが苦手な人が一定の割合でいらっしゃいます。

 

後衛の仕事は、とにかくスマッシュで攻めたり、ドロップやクリアで緩急をつけて相手の守備を崩すことなので、やること自体はそこまで難しくはないのですが、

 

意外と「前衛」って“何すればいいの?”という人が少なくないんですよね(^^;

 

 

もちろん、前衛の基本は、

 

・甘く上がってきた球をプッシュする

 

誰もが知っているかと思いますが、これです。

 

 

でも、レベルが上がれば上がるほど、

 

「甘く上がる」

 

球なんてそんなに滅多にあるもんじゃないですよね?

 

レベルが上がれば、相手のレシーブ力も上がってくるので、そんなに簡単に甘い球は上がってきません。

 

 

なので、そのくらいのレベルになってくると、「前衛の苦手な人」っていうのがかなり浮き彫りになってきます。

 

実は僕も、前衛が超苦手な時期っていうのを経験した一人なのでその気持ちがよくわかります(^^;

 

でも、あるコツを実践し始めたことで、今ではむしろ前衛の方が得意なくらいになっているので、この記事ではその“コツ”をお伝えしたいと思います。

 

 

前衛のコツは仕事を選ぶこと

 

 

前衛が苦手な方はまず、自分の仕事を減らすことを考えてみてください。

 

仕事を“減らす”んです。

 

 

前衛が苦手な人のほとんどって、全てのリターンに対して意識が向いていて結局どれも触れない、っていうパターンになっています。

 

 

なのでもう、

 

・どういうリターンが返ってきたときに仕事をするのか?

 

を自分の中で決めちゃうんです。

 

 

ショートリターンや甘い返球に対して反応をするっていうのは基本になりますが、

 

ダブルスの場合は特に、後衛がストレートで打ったスマッシュをクロス方向に、それも軌道の低いドライブ気味に返球されるリターンって決定打になりやすいです。

 

 

こういう場面、よく見かけると思います。

 

 

後衛ストレートスマッシュ → クロスにドライブリターン(カウンター) → そのまま決まっちゃう。

 

 

というやつ。

 

クロス方向のリターンでも、高さがあれば時間ができるので後衛も余裕を持って追いつけますが、低い軌道だと後衛はかなり苦しくなるわけです。

 

 

当たり前ですが、スマッシュはスピードが速いぶん返球も速くなりますから、上記のようなクロスのドライブリターンは、よほど後衛の人のレベルが高くない限り、なかなか返せません。

 

なので、そういうのを前衛の人がしっかりとタイミングを合わせて「止める」必要があるわけで、その仕事ができるだけで後衛からするとかなり助かるんですよね。

 

 

できればさらに、そういう低い軌道のシャトルを触れるときは、当てるだけでネット前に落としたり、スピードを落とさずにプッシュ気味のドライブなどで攻め続けたり、

 

なんていう緩急も付けられるようになると、さらに前衛としてレベルアップできます。

 

 

とこんな感じで、

 

・クロス方向の速いリターンに対して仕事をする

 

みたいに自分の仕事をしぼっちゃう。

 

 

ここを意識するだけでもかなり変わります。
(ストレート方向は最悪、抜かれても後衛がいますから)

 

 

前衛のポジションは?

 

では次に、前衛はどのようなポジションにいればいいかを考えてみましょう。

 

前衛が苦手な人の多くは、「決めよう、決めよう」とする意識が強いせいか、ポジションが

 

“前過ぎる”

 

ことが少なくないです。

 

例えば、サーブを打つポジションとほとんど同じところとかとか。

 

 

さっきもお伝えしましたけど、基本的にネット前にふんわりと甘い球が上がってくることなんて、そこそこレベルが上がってくればほとんどありません。

 

にもかかわらず、そういう返球にしか対応できないようなポジションで構えていると前衛は仕事ができません。

 

特に、相手は守りから「攻め」に転じるために、軌道の低いドライブ気味のリターンを狙っています。

 

そういう速い返球に対してネットに近すぎると、なかなか反応できません。

 

 

ですので前衛にいるときは、自分の前に「スペース」を作るようなイメージを持ちながら、場合にもよりますがサービスラインよりもラケット1本前後くらいは後ろで構えて、

 

速い返球に対しても距離と時間を稼ぎつつ、かつ、自分の体より“前で”触れるようなポジションにいると、前衛の仕事がやり易くなると思います。

 

 

↓以下は女子ダブルスの全日本総体戦ですが、前衛のポジションに注目しながら見てください

 

 

どうでしょう?

 

「えっ、前衛ってそんなところにいるの?」

 

というところにいたりしますよね?

 

 

例えば、上記の動画の15:17あたりから、手前選手が大きくロブを上げました。

 

この時の奥の前衛選手(松友選手)のポジションに注目してください。

 

コートを左右半面に区切ると、後衛の人の半面側に完全に入ってますし、ネットからのスペースもしっかりとっています。

 

 

これが、前衛の基本ポジションです。

 

 

前にスペースを作ることで、前衛の選手はリターンに対して“自分の体より前で”シャトルを触ることができるので、コントロールしやすい触り方ができるようになりますし、

 

ストレート側に寄ることで、相手は簡単には(一番返球しやすい)ストレートに返しづらくなります。

 

 

ぶっちゃけ、相手のリターンがそこまで速くなければ、このポジション取りしっかりやるだけで、いろんな球に触れますし、「前衛出来る人」になりますよ(笑)

 

 

それから、よく前衛が苦手な人で、

 

「後衛がクリアを上げたときに素早く下がれません」

 

的な相談をいただくこともあるんですけど、これも前衛のポジションが良くないからです。

 

基本的に攻撃から守備へスイッチするときには、前衛は“下がる”んじゃなくて、横に“開く”んです。

 

攻撃の時にポジションが前過ぎるから下がらなきゃいけなくなるわけで、攻撃の時にしっかりと前にスペースを作っていれば、横に移動するだけでサイドバイサイドの形になるはずなので、

 

もし攻撃から守備へスイッチするときに下がらなきゃいけなくなっているのなら、攻撃(トップ&バック)の時にポジションが前過ぎることを疑ってください。

 

 

 

ではでは、細かいことは抜きにして前衛のコツをざっくりとまず2つだけ、

 

・仕事を絞る(まずはクロスドライブだけ触る、とかでもOK)
・ポジション(前にスペースを作る)

 

を紹介いたしました。

 

まずは上記の2つを意識して練習するだけでも、かなり前衛がやりやすくなると思うので試してみてくださいませ。

 

 

で、次のページではさらに前衛力を上げる、上級編になります。

 

NEXT=> 前衛のコツ(上級編)

 

 

 

関連記事

 

NEXT=> リアクションステップで前衛力を上げる

 

NEXT=> ダブルスが劇的に上達する練習法

【スイング改造プログラム】スイングフォームを見直せば、一人でも家で上達できます。

バドミントンを基調としたファッションアイテムブランド 『Badminton is Life』
今までになかった新しいスタイルのファッションをあなたへ。