バドミントンラケットの選び方

バドミントン ラケット 選び方

どうも、熱血バドミントンプレイヤー 兼 某高校のバド部コーチのJUNです。

 

 

ここでは、ラケット選びの基本ポイントについて押さえておきましょう。

 

 

選び方って言っても、ほとんどの人は“好きなデザイン”で選んじゃったりするんですけどね(笑)

 

まあそれも「気分がノルから」という理由からすればアリですし、女性向けのモデルはピンク系のデザインが多かったり、男性向けには重厚なデザインが多かったりと、実はデザインで選ぶというのもあながち間違った選び方ではないのですが、

 

いちおう技術的には以下のようなポイントがあります。

 

1、全体の重量
2、シャフトの硬さ
3、重量バランス

 

概ねこの3つがラケット選びのポイントになりますので、一つずつ説明していきますね。

 

 

 

 

 

全体の重量について

 

まず「全体の重量」ですが、平たくいうとラケットの重さですね。

 

普通、バドミントンのラケットは100g弱くらいの重さなんですけど、ラケットの重さは、

 

「数字+U」

 

という記号であらわされます。

 

数字が小さいほど重たいラケットで、ヨネックスのラケットなら

 

2U 3U 4U 5U

 

くらいが多いです。

 

3Uが約85〜90gくらいで「普通」の標準的な重さになります。

 

この3Uを基準に、2Uだとちょっと重め、4Uだとちょっと軽め、5Uだとかなり軽い、6U、7Uだとめちゃくちゃ軽い、っていう感じです。

 

同じスイングスピードなら、当然重たいラケットの方がパワーのある打球が打てるので、力の強い人は重めを選んで、

 

逆に力の弱い人や女性プレイヤーなんかは軽いラケットを選ぶことが多いですが、

 

まあ、初心者の場合は標準の3Uか4Uくらいで問題ないんじゃないかと。

 

ちなみに僕が初心者の時は、3Uとか4Uみたいなちゃんと規格設定がされているような高価なラケットは買ってもらえなかったので、兄貴のおさがりの超重たいラケット(レジャー用)を使ってました。
(たぶん、規格で表すならマイナス3とかです・笑)

 

 

 

シャフトの硬さについて

 

バドミントンのラケットって見た目にはわかんないんですけど、素材によってシャフトが固かったり柔らかかったりします。

 

で、シャフトが柔らかいラケットって、スイングの時に“しなる”んです。

 

 

意外かもしれませんが、たった5gのシャトルを打つだけでも、ショットによっては何kg(場合によっては10kg以上)の重さがかかっているのと同じくらいの衝撃力がラケット面にかかります。

 

なので、ショットの瞬間というのは、ラケットには“しなり”が発生して、それがラケットの重要な性質の一つになります。

 

 

シャフトが柔らかいほどよく“しなる”ので、そういうラケットって「ムチ」みたいに軽い力でもパワーがシャトルに伝わるんです。

 

なので、力の弱い人にはしなりの良いシャフトの柔らかいラケットが向いています。

 

 

逆に、パワーのある人が速いスイングスピードでふると、今度はしなりすぎてそれが復元せずにパワーが伝わらなくなります。

 

シャフトが硬いとその“しなり”が弱くなりますが、速いスイングスピードの時はダイレクトにパワーが伝わりますので、パワープレー型の人ほどシャフトの硬いラケットが向いていることになります。

 

 

とはいえ、パワーがある人でも全てのショットを全力で打つわけではないので、軽いスイングでもパワーを伝えたかったり、肩や肘への負担を減らすために柔らかいラケットを使うことも普通にあるので、

 

その辺は好みで選ぶことになります。

 

 

初心者の場合は、とにかくシャトルを飛ばすこと(クリア)がまずは重要になりますのでシャフトは柔らかいラケットの方がおススメです。

 

ちなみに、バドミントンのスイングに必要な筋肉って日常や他のスポーツでもあまり鍛えられない筋肉なので、力に自信がある人も最初のうちは柔らかいラケットで「しなりすぎ」の弊害が出ることもないはずです。

 

 

 

重量バランスについて

 

さきほど、バドミントンラケットの「全体の重量」について説明したんですけど、重さが同じラケットでも

 

・先端(フレーム側)が重いタイプ → ヘッドヘビー(トップヘビー)
・先端(フレーム側)が軽いタイプ → ヘッドライト(トップライト)

 

という感じで、重量バランスが異なります。

 

なので、同じ4Uの重さのラケットでも、ヘッドヘビーとヘッドライトでは、使い心地がかなり違います。

 

 

ヘッドライトの特徴は、とにかくヘッドが軽いので素早くラケット操作ができる利点があります。

 

なので、ダブルスでのドライブの応酬とか、速いラリーでラケットの操作性を損ないたくない、みたいな部分ではヘッドライトのラケットが向いています。

 

ただ、ヘッドが軽いのでパワーのあるショットを打つにはヘッドヘビーに劣ります。

 

強いスマッシュを返すときなんかも、ラケット面にシャトルをしっかりミートしないと、ヘッドが軽いぶん力に押されてレシーブが返りにくいこともあります。 

 

 

ヘッドヘビーのラケットの特徴はその逆で、ヘッドが重いので素早いラケット操作がは難しくなりますが、

 

ヘッドが重くて安定しているので、強いスマッシュでもパワーに押されるような感覚は少なく、軽く当ててもシャトルがラケットにあたりさえすれば上手くレシーブできることが多いです。

 

スマッシュを打つ場合もヘッドが重い分パワーのあるショットが打てます。

 

 

ヘッドが軽くも重くもない「イーブン」バランスの場合は、ヘッドライトとヘッドヘビーの中間になるので、オールラウンダー向けのラケットということになります。

 

 

 

というわけで以上の3つ、

 

1、全体の重さ
2、シャフトの硬さ
3、重量バランス

 

実はまだほかにも、フレームの素材とか形状(ボックスorエアロ、四角形or丸形)、あるいはフレームの大きさなんかでも使用感に違いが出てくるんですけど、まずは上記の3つが基本的なポイントになります。

 

 

初心者におすすめのラケット

 

とまあ、いろいろとラケット選びのポイントを語ってきましたが、ぶっちゃけ初心者の段階ではどんなラケットを選んでも“そこまで大差ない”です。

 

規格外の超重たいラケットで肩を壊したり、軽すぎるラケットばかり振ってスイングに必要な筋力が鍛えられない、みたいな極端なことでなければ。

 

 

目安としては5000円以上の価格帯のモデルであれば特に問題ないです。

 

 

個人的におススメを挙げるなら、僕も使ってる「バボラ」。

 

僕が知る限り、このメーカーはマジでコスパが良いです。
(メーカーの回し者じゃないですよ・笑)

 

 

値段の高い国内の有名ブランドは正直言ってコスパは悪くて、

 

長く続けていく前提だと、初心者向けモデルの安いものだと耐久性が無くて、割とすぐに買い替える(折れたり、ガットを強く晴れないなどの理由で)必要が出てきますし、

 

いきなり中級者以上向け、っていうとかなり価格がかなり張ります。(1万5千円以上はかかるかと)

 

 

でもバボラって、1万円以内で中級者以上のモデルが買えたりしてお得なんですよね。

 

実際僕が今使ってるラケットも、モデル切り替えの時のセールで1万円で買ったにもかかわらず、他のメーカーの2万円近くするラケットを差し置いてメインで使ってるくらいですし(笑)

 

使い心地は文句なしです。

 

 

なので個人的におススメするとしたら、有名メーカーだと1万円以内なら耐久性の弱いモデルしかないところを、1万円以内で耐久性の高いモデルを購入できるバボラみたいなメーカーですね。

 

 

例えば、バボラなら「XACT」は楽天で1万円以内で買えますが、これは初心者〜上級者まで問題なく使えるラケットです。

 

 


【在庫品】バボラ XACT ピンク BBF602303 2018SS

 

重さは4Uと軽めでヘッドヘビー、シャフトは柔らかめ、なので、スペック的にも初心者には最適ですし、

 

ガットテンションはなんと27ポンドまで張れるので、上級者でも満足できるくらいの耐久性も兼ね備えています。
(普通、1万円前後のラケットは良いとこ23ポンドが限界だったりするんですけどね。。)

 

 

ということで、ラケット選びで迷っててもしょうがないので、

 

ラケットが準備できたら、さっそく「振っていきましょう!笑」。

 

NEXT=> 素振りのやり方

 

 

 

中級者以上の方におすすめのラケット選び

 

よくラケット選びに関しては、

 

「自分に合ったものを・・・」

 

なんて言われることが多いんですけど、僕からしてみるとそれってちょっと違うと思うんですよね。

 

なんかもう、「何をそんな甘いこと言ってんだ」って感じ(笑)

 

今の自分に合ったラケットを選ぶという思考の時点で、“今の自分”にフォーカスがあってしまっているわけで、今の自分に合わせてしまうとそれ以上の上達を見込めるのか、と単純に僕は疑問に思ってしまうわけです。

 

このサイトの方針は“今の自分より強くなること”ですから、フォーカスすべきは今の自分ではなく“成長した自分”です。

 

なので、ラケットを選ぶ時は、

 

“自分の「目指すプレースタイル」に合ったラケット”

 

を選ぶようにしてみてください。

 

いうなれば、自分にラケットを合わせるんじゃなくて、ラケットに自分を合わせるってことです。

 

「こんな自分があなた様(ラケット)を使用して申し訳ないです」という謙虚さをもって(笑)

 

 

もし、重くて速いスマッシュで相手を圧倒するプレースタイルを目指すなら、ヘッドヘビーで重くて硬いラケットを選ぶ必要があるでしょうし、

 

ダブルスでドライブからの攻め込みや、前衛での速いタッチなど、とにかくスピード勝負のようなプレースタイルなら、ヘッドライトで操作性の良いラケットが向いていることになります。

 

攻めも守りも、前衛も後衛もバランスよく、っていうプレースタイルを目指すなら、重さもバランスもイーブンのラケットが選択肢になるかもしれません。

 

 

とにかく速いスマッシュを打ちたいならこのラケット

 

ちなみに僕はヘッドヘビーのラケットが好きな時期があって、各社いろんな種類のラケットを使用済みですが、、

 

「とにかく強いスマッシュを!!」

 

というプレイをしたいときは、YONEXならボルトリックZフォース2、GOSENならカスタムエッジVer2.0タイプK、バボラならXfeelブラスト、

 

この3つは実際に使ってみて最強のパワーラケットだと思ってます。
(その分、重くて操作性は悪いですが、スマッシュは速い!というか重い!)

 




 

 

 

どれも、各社基準で(2017年4月現在)「最も硬くて重い」部類に入るラケットですが、この3つは良いですよ〜!!

 

 

YONEXはありきたりだと思って、個人的にGOSENを好んでよく使ってた時、ラケットショップの人に上記のバボラのラケットを借りて打ったんですが、

 

「こいつもやべぇな」

 

ってくらい、スマッシュの威力が出ました(笑)

 

 

ただ、もちろん上記の3つは「重くて、硬い」ので、ある程度筋力のある人向けのラケットですし、

 

重たいぶん、ラケットの操作性は悪くなります。

 

 

自分の目指す(身に付けたい)プレースタイルが、ラリースピードで勝負するような場合だと、もっと軽いものを選ぶ、という選択になるかもしれません。

 

これも僕が実際に使ってみて、という主観になりますが、

 

ラケットが軽くても、パワーを犠牲にしない、という点でおススメなのは、

 

『バボラのサテライト6.5シリーズ』

 

です。

 

特に「サテライト6.5ライト」は最も軽い、4Uトップライトのスペックですが、そこまで軽いとは思えないくらいパワーが伝わります。
(実際これ、僕が今使ってるメインのラケットです。2018年現在)

 


【在庫品】バボラ バドミントンラケット サテライト6.5 ライト 602269 バドミントン ラケット 当店指定ガットでのガット張り無料 BABOLAT 2017SS

 

 

たぶんですけど「操作性+パワー」で総合評価すると、国内のどのラケットと比べても
これが最も高いレベルでバランスの取れたラケットなんじゃないかと思います。

 

(全部使ったわけじゃないんでわからないですけど、有名どころのメーカーはやっぱり軽くなるとパワーの伝わりに満足できなかったです)

 

しかも「操作性+パワー」に、「価格」という項目を付け加えると更に他の追随を許さない存在になります。
(まじでバボラのラケット、コスパ良いんですよ・笑)

 

 

ということで、長くなりましたがラケット選びについては以上です。

 

 

なんだかこのページが全体的に「バボラ推し」になってしまいましたが、僕はバボラの回し者じゃないんで念のため(汗)

 

 

スゴイ
テクノロジーで設計された、
マジで感動するラケット。

 

じっさいにつかうと
やんなっちゃうくらい
なんのショットを打っても
いい感じで打てる
ヨネッ○スなんて目じゃないぜ!

 

 

(↑タテ読みしてね・笑)

 

ということで以上

 

 

 

 

NEXT=> 素振りのやり方

 

 

 

↓ラケットレビューはこちら

 

(YONEX)ボルトリックZフォース2のラケットレビュー
(上級者モデル パワー系)

 

(YONEX)アークセイバー11のラケットレビュー
(中〜上級者モデル オールラウンド)

 

(GOSEN)カスタムエッジVer2.0 TYPE Kのラケットレビュー
(上級者モデル パワー&スピード)

 

【スイング改造プログラム】スイングフォームを見直せば、一人でも家で上達できます。

バドミントンを基調としたファッションアイテムブランド 『Badminton is Life』
今までになかった新しいスタイルのファッションをあなたへ。